【閲覧注意】ニュースでは絶対報じない凶悪少年犯罪の犯人の顔と実名暴露!ゲス野郎の素顔とは

どんなに凶悪な犯罪でも19歳以下ならば、犯人は少年法により顔と実名は保護されることになり、例え死刑判決が下されても実行されることは稀です。そんなニュースでは報じない凶悪少年の顔と名前を大公開します。少年法って必要でしょうか?

【閲覧注意】ニュースでは絶対報じない凶悪少年犯罪の犯人の顔と実名暴露!ゲス野郎の素顔とはのイメージ

目次

  1. 1ここ20年以内に起きた凶悪な少年犯罪の実名と顔を公開します!
  2. 2神戸連続児童殺傷事件
  3. 3吉祥寺女性殺傷事件
  4. 4三重県中3女子死亡事件
  5. 5光市母子殺害事件
  6. 6石巻3人殺傷事件
  7. 7佐世保女子高生殺害事件
  8. 8山口母親殺害事件
  9. 9ネットの反応

ここ20年以内に起きた凶悪な少年犯罪の実名と顔を公開します!

被害者の方にとっては辛い方もいらっしゃるでしょう。しかし、神戸連続児童殺傷事件の『酒鬼薔薇聖斗』の例でもわかる様に、被害者はまだ苦しんでいるのに当人たちは『手記』など出版して有名人気取です。

ならば、逃げ隠れ出来ないように実名と顔をここで大公開しちゃいます。

神戸連続児童殺傷事件

1997年、神戸で発生した連続児童殺傷事件です。被害者の1人(男の子)は頭部を切り取られて、校門の上に晒されていました。

吉祥寺女性殺傷事件

2人組による犯行でした。

2013年2月28日、

東京都武蔵野市吉祥寺の路上で

帰宅途中のアルバイト女性(当時22歳)が2人組の少年に襲われ、

後ろから刃物で刺されて財布などが奪われる事件が発生した。

 

被害女性は病院に搬送されたが

背中を2箇所刺されており、

うち1箇所は肺にまで達しておりほぼ即死だった。

三重県中3女子死亡事件

2013年8月25日

三重県三重郡朝日町で発生した

女子中学生強盗殺人・死体遺棄事件。

犯行当時は18歳だった犯人

光市母子殺害事件

199年4月14日に山口県光市で発生した凶悪犯罪。

犯人は18歳でした。死刑が確定しましたが、広島拘置所に収監されたまま。一審で無期懲役でしたが、弁護士と共謀して嘘の証言をしたことが発覚し、死刑が言い渡されました。反省の色も見せていない事も知られています。

石巻3人殺傷事件

2010年2月10日

石巻市の少年が無職の少年を共犯に石巻市内にある

元交際相手の少女の実家に押し入り、

2回で寝ていた少女の姉と少女の友人の女子高生を

刃渡り約18センチの牛刀で複数回指して殺害。

 

トラブルになった女性との間には子供(当時生後4ヶ月)もいた。

裁判員制度が導入されて初めての少年死刑囚という事で話題になりました。

佐世保女子高生殺害事件

2014年7月26日に長崎県佐世保市で発生した殺人事件。

 

犯人は当時15歳の女子高生で被害者の同級生。

 

後頭部を鈍器のようなもので数回殴り

紐状のもので首を絞めて殺害した。

 

遺体は首と左手首が切断されていた。

大企業の顧問弁護士をしていた父親が自殺した事でも話題になりました。

山口母親殺害事件

当時16歳の犯人が2000年7月29日

山口県山口市で当時50歳の母親の頭を金属バットで殴り殺害。

 

少年は少年院を退院した後に、

大阪姉妹殺害事件を起こすことになる。

 

その後、死刑が確定。

EU(欧州連合)は日本の死刑執行に断固とした反対の立場を取っており、死刑が執行されるたびに以下のような抗議の"意"を表明するそうですangry

駐日欧州連合(EU)代表部および駐日EU加盟国大使と駐日ノルウェー王国およびスイス大使は、以下の声明を発表した。

「7月13日、日本で2人の死刑囚に対する刑が執行され、2012年3月以来、死刑に処された24人に加わることとなった。EU、その加盟国、ノルウェーおよびスイスは、一貫して日本当局に対し、2012年3月まで20カ月にわたり死刑が執行されなかったことを思い起こし、モラトリアム(執行停止)を導入するよう求めてきた。

われわれは死刑に対し、強固で原則に基づいた立場を取っており、いかなる状況においても極刑に反対している。死刑は残忍かつ冷酷であり、犯罪抑止効果があるとは全く示されてない。さらに、誤りがあったとき、極刑の場合は不可逆である。われわれは、世界中での死刑廃止を積極的に追求し続ける決意である。

(後略)

こんな外圧は断固として跳ね返していただきたいと外務省に望みます。

確定した死刑囚は速やかに刑を執行して頂きたいですね。

ネットの反応

・凶悪犯罪の殆どが18歳...少年法の引き下げが絶対必要だ!それも15歳まで引き下げる!
・一方で綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人たちはのうのうと出所している、不平等すぎる!
・欧州連合の上から目線は腹が立つ
・少なくとも↑にあげられた連中は少年法を適用するには違和感あり過ぎ!死刑判決は当然でしょう

少なくとも18歳に少年法の適用は必要無いでしょう。選挙権が引き下げられたのですから、そろそろ少年法について考え直しても良い時期に来ています。

出典:VipperTrendy

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ