リンゼイさん殺害犯人・市橋達也~2年半に及ぶ逃走生活の成れの果ての姿に驚愕!

英会話講師の英国人女性を暴行・殺害し、警察に拘束される寸前に逃走した殺害犯人・市橋達也の2年半に及ぶ凄まじい逃走劇の内容を纏めました。土木作業現場に潜り込み作業員として生活を送り、整形で顔を変え、遂に逮捕された時の姿はまるで別人!!

リンゼイさん殺害犯人・市橋達也~2年半に及ぶ逃走生活の成れの果ての姿に驚愕!のイメージ

目次

  1. 1「市川市福栄における英国人女性殺人・死体遺棄事件」概要
  2. 22年7カ月の逃走生活とは
  3. 3親も疑う整形した市橋の顔とは
  4. 4事件の動機は?
  5. 5市橋達也の現在
  6. 6ネットの反応

「市川市福栄における英国人女性殺人・死体遺棄事件」概要

2007年千葉県市川市福栄で、英会話学校講師リンゼイ・アン・ホーカー(当時22歳)が市橋達也(当時28歳)に乱暴目的で殺害されました。

事件の詳細

殺害されたリンゼイ・アン・ホーカーさん

2007年3月26日午前、
リンゼイ・アンホーカーさんと同居していた女性から、
リンゼイさんが帰宅しないことで警察に通報、行方不明として捜索を開始。

同日の3月26日午後9時40分、
 千葉県市川市で市橋達也とリンゼイさんが
駅の防犯カメラで一緒に歩いているのを確認され、自宅に捜査員が訪ねる。

警察の任意捜査に素直に応じ、捜査官を中に招き入れると
 その隙をみた市橋達也は非常階段を駆け下りて逃走。

マンション外にいた他の警察の裏をかき、
そのまま東京メトロ東西線行徳駅方面に逃走した。

千葉県警は指名手配犯として
警察犬、捜査員と総員100名にも及ぶ大追跡を開始。

この逃走から2年7ヶ月の間、市橋達也の逃走生活が始まる。

2年7カ月の逃走生活とは

整形して逃走生活 市橋達也

まんまと警察の裏をかいた市橋は2年7カ月も警察の目を潜り抜けてきたことになります。一体市橋の逃走経路とはどのようなものだったのか?振り返ってみました。

市橋達也は逃走開始直後に靴と靴下、上着を紛失したが ゴミ捨て場からサンダルと上着を入手した。

自家用車を所有する当時交際中であった女性に公衆電話から連絡を取って共に逃亡することを依頼しようとしたが、 女性が通話中だったために実現しなかった。

驚くことに市橋にはこの時点で交際していた女性がいたということです。しかも、その女性に逃走の手助けを依頼しようとしたとは!連絡がつかなくて良かったですね!

彼女がいたのにリンゼイさんを乱暴しようと企んだ市橋は根っからの性悪ですね!
 

逃走生活は北関東周辺から大阪まで及び...

熱海を経て静岡県の駿河湾付近まで南下した後に青森県、大阪市西成区、岡山県を経由して四国、松山港からフェリーで別府港に移動し、その後鹿児島県を経て沖縄と全国各地を逃げ回る。

2009年11月5日、市橋は名古屋市内の美容整形外科でほくろの除去手術を受けました。男性には珍しい手術なので、病院スタッフが不審に思い手配写真を確認のうえ、警察へ通報しました。

11月10日、神戸市東灘区の六甲船客ターミナルに市橋は現れ、ターミナルの従業員に"市橋に似ている男がいる"と警察に通報されます。
 

市橋は沖縄に向かうために神戸発沖縄行きのフェリー乗り場にいたのですが、神戸発は結構だったため、従業員は市橋を大阪南港発の沖縄行き便まで案内しました。そこで従業員は警察へ"市橋は大阪南港へ向かう旨"通報。

先回りして待機していた警察官により市橋は身柄確保され、大阪府警住之江署に移送されリンゼイさん殺害容疑で逮捕されました。
 

親も疑う整形した市橋の顔とは

逃走中に整形をするという大胆さに驚きますね。

市橋達也は瞼を二重にして、鼻の高さを変えたり、唇を薄くしたりなど、変装用に整形をしていた。

整形前の市橋達也

整形後 確かに目が吊り上がっています

テレビのニュースで逮捕直後の市橋の顔写真が映された時は驚きました。手配写真とあまりに違うためです。
 

名古屋で整形した後、市橋はある土木現場で作業員として働いていました。しかし、不審に思った整形外科医院が術後の市橋の写真を警察に届けていたため、手配写真として流布されたものが建設会社の目に留まり、市橋は慌ててこの現場を逃走しました。
 

整形した市橋の顔写真を見た両親の反応は

テレビのインタビューに答える市橋達也の両親

両親は"一切逃走資金の援助はしていない”と断言。 "ホームレスになって野垂れ死んでいるのでは”と思っていたという...

「ただただ、ショック。そんなことをしてまで逃げるのかと思うと…。ただ、写真を見てすぐ達也だと思いました。目元でわかりました」

「むしろ整形前の手配写真のほうがイメージと違っている。こんなつり上がった目をするのは怒った時だけ。普段はもっと明るい表情をしていました。素顔は整形後の写真のほうが近いんです。でも、これは本当に本人なんでしょうか?」

事件の動機は?

市橋達也はリンゼイさん殺害の直前に他の彼女と焼き肉デートまでしています。リンゼイさんは市橋の英会話講師だったので、彼の自宅へ行きました。そこで乱暴され、殺害されたのです。

裁判で検察側はリンゼイさんへの乱暴の発覚を防ぐという動機があり、 「そのまま帰せば事件がばれると思ったから」と主張。

一方、弁護人は「犯行の発覚を防ぐためという動機は常識的にみてあり得ないんじゃないですか」と反論。市橋の供述では乱暴の後、リンゼイさんに許してもらおうと4畳半の和室に連れて行っているという。

リンゼイさんが、市橋達也に「日本人はイエローモンキー」と言ったことで腹を立てたとの話もあるが、 本当の動機はいまのところはわかっていない。

市橋達也の現在

2012年、市橋達也に無期懲役の判決が下りました。死刑ではなかった理由として、初犯、前科なし、被害者がひとりだからと推測されます。

第一審で無期懲役となり、市橋達也と弁護側が控訴しましたが
控訴審において棄却された後、 上告がなかったために無期懲役が確定し、現在も刑に服しています。

現在の無期懲役の仮釈放までの平均刑期が30年。

逃走資金の援助も受けず、たった一人で2年7カ月も逃走できた市橋達也の生活能力に驚きました。

ネットの反応

・ちんけな犯罪者なのにバイタリティーすごい
・無人島生活とか楽しそうやな
・人間、いざとなると強いんだなあ
・結局整形したことからアシが付いた...

特異な逃走生活ばかりにマスコミの興味が集中しましたが、一人の若い英国人女性が人生を絶たれたことは悲しい事実です。二度とこんな事件起きてほしくありません。

出典:News4Wide  matomake  

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ