【まさに】瀬戸内寂聴の言葉「悪口を言われる人はそれだけ幸運だという事」に共感の声多数!『なるほど為になる!』

『人生が変わる1分間の深イイ話』で出家した作家・尼僧の瀬戸内寂聴が、誹謗中傷を受ける女性に対して「悪口は必ず言われるもの」と助言を送りました。この言葉の深い意味を知られると忽ちツイッターで多数の共感が集まりました!名言の内容とツイッターの反応をどうぞご覧ください!

【まさに】瀬戸内寂聴の言葉「悪口を言われる人はそれだけ幸運だという事」に共感の声多数!『なるほど為になる!』のイメージ

目次

  1. 1超ポジティブな生臭尼僧・瀬戸内寂聴
  2. 2「必ず悪口はいわれるもの」
  3. 3ツイッターに上がった共感の声
  4. 4ネットの反応

超ポジティブな生臭尼僧・瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴は現在95歳ですが、今でも肉や酒は食らい放題という精力的な生活を送っている常人離れした僧侶として知られています。

その元気の素は超ポジティブな性格によるものが大きいようです。言い換えれば清濁併せ呑んで、開き直ってしまう性格といえます。

瀬戸内寂聴プロフィール

1922(大正11)年徳島生まれ。東京女子大学卒。1973年平泉中尊寺で得度。1998年『源氏物語』(全10巻)の現代語訳を完訳。2006年文化勲章を受章。著書に『美は乱調にあり』『青鞜』『諧調は偽りなり』『手毬』『釈迦』『秘花』『奇縁まんだら』など多数。

「必ず悪口はいわれるもの」

瀬戸内寂聴が日テレの『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演し、誹謗中傷受ける女性に対し、正に前述した瀬戸内の生き方をそのまま反映したようなアドバイスを放ち、視聴者の間で大きな反響を呼んでいます。

相談者の女性は瀬戸内寂聴の秘書を務めながら自身も小説を書いている瀬尾まなほさんでした。彼女曰く「瀬戸内寂聴の名前のおかげで売り出してもらっているだけだろう、お前なんてすぐ飽きられるetc」といった心無い誹謗中傷を受けたそうです。

そんな瀬尾さんに送った瀬戸内寂聴の助言とは...

チャンスを逃がしたらダメなの。

チャンスは人の一生に何度も来ない。

このチャンスは逃したらダメ。

瀬尾さんに「人生に訪れる数少ないチャンスを掴め」と心強いエールを送ったのです。更に悪口に対する心構えとして、瀬戸内ならではの考えを披露しました。

女性でも、男性でも自分が幸運な時は、運が向いている時は、必ず悪口をいわれるの。

悪口をいわれるということは、悪口をいいたくなるほどね、その人が幸運なのよね。

そういう悪口に倒されていたら、誰も上に行けない。

悪口を言われるということは、自分が周囲より幸運だと思われているからと指摘した瀬戸内寂聴。確かに悪口は妬みから発生することは多々ありますね。

ツイッターに上がった共感の声

あるツイッターユーザーがこの発言を紹介したことから、多くの共感RTが上がりました。

一方、絶賛コメントばかりではありません。だからツイッターは面白い...

悪口に負けないポジティブさを持つという事も大切だと思います。

ネットの反応

・その時はそれで自分の精神は保たれるけど、精神と思考は切り離して行動しないと。ただの直上バカになりますよ理由は重要でしょう
・心無い中傷を受けた時は確かにこの考え方は良いかも
・瀬戸内寂聴ってあの小保方さんと対談して思いっきりヨイショしたり結構あざといよね
・有難い御説法だなwww

瀬戸内寂聴の意見は賛否両論あって当然でしょう。悪口を言いたい自分と悪口を言われる自分という表裏一体併せ持っているのが人間ですから。

出典:Twitter  grape  corobuzz

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ